アーカイブ | 1月 2018

胎児に良い影響を与える栄養素のひとつである葉酸について

葉酸が胎児に与える影響とは

母子手帳には妊婦に必要な栄養素として葉酸が記載されています。また、一般社団法人の葉酸と母子の健康を考える会でも、母子の健康のために葉酸が必要と提唱としています。水溶性でビタミンBの一種なのですが、特に胎児にとって成長に関わる大切影響を及ぼす栄養素なので、女性は妊娠前から体内に不足しないように注意する必要があります。代謝に関わる働きを持っていて、細胞を新たに作るためには欠かすことができません。

また、ビタミンB12との相互作用によって赤血球の生成力を高めて、血液の状態を良好にします。そして、最も大きな胎児への影響は、不足することによって先天性の神経管閉鎖障害のリスクが高まるという点にあります。葉酸が不足することによって胎児に影響が出る確率は、妊娠初期までが特に高いと言われています。

妊娠4週から12週のころには、活発に細胞分裂が起こり様々な器官が作られている時期で、神経細胞の生成も行われます。神経管閉障害が発症する確率もこのころが高く、発症すれば脳からの命令が下半身に届きにくくなります。出産後には、排泄機能や歩行困難などの障害になる可能性が高いです。中には、子宮内で順調な生育ができずに、死産や流産となってしまうこともあります。

葉酸が不足しないようにするために

通常の生活であれば食事からの摂取だけで不足する心配はありません。しかし、妊娠中は胎児への栄養補給も必要となるので、意識をして摂取するように心掛けることが大切です。葉酸はほうれん草から見つかったビタミンですが、他の緑黄色野菜にも含まれています。

食事にバランスよく配合することである程度の摂取はできますが、水溶性なので必要量を確実に摂取するのは大変です。特に妊娠初期にはつわりなどもあり十分な食事を摂れないケースが多いので、胎児のために栄養補給を考えているのならサプリメントの利用が有効です。

胎児の健やかな成長のために必要とされている量は、妊活中なら1日に400μgで、これはほうれん草に換算すると約1把に相当します。妊娠中なら1日に440μgは摂ったほうが良いと言われているので、ほうれん草1把より多く食べなければなりません。しかも、水溶性なので調理中の栄養の流出分を考えるとかなりの量が必要と言えます。

胎児の健やかな成長のために

せっかく授かった赤ちゃんですから、健康体で無事に生まれて欲しいものです。その為には、胎児に悪影響となることはできる限り排除して、最善の環境で出産までを過ごすようにするのが親心です。

そのひとつのアイテムが葉酸ですが、食品からだけでは十分に摂取できないので、ベルタ葉酸サプリなどのサプリメントを利用して確実に補給することが必要となります。製品を選択する場合にも、天然成分配合のものを選ぶことが大切で、それでも心配ならば担当医に相談をするとよいでしょう。

【公式】http://ベルタ葉酸.com/

 

この投稿は2018年1月2日に公開されました。