アーカイブ | 6月 2018

周りの子供にどんどん追い抜かれていく息子の身長

成長期は時として残酷です。子どもの身長が伸びる成長期には、個人差があります。女の子の場合、小学校の高学年ぐらいに急に身長が伸びだして、中学校を卒業するまでには落ち着くというパターンが多いようですが、皆が同じ時期に伸びるわけではなくて個人差があるわけです。

小学校の低学年だと、列に並ぶときには身長順に並ぶことが多かったのですが、低学年の頃にはいつも同じぐらいだった身長の子が、高学年になってどんどん背が伸びて列の後ろの方に行ったり、自分がどんどん前の方になってしまう事は、子供ながらに傷つきましたね。自分自身も、わずかながら背は伸びているのですが、他の人と比べてしまうと、やはり惨めな気持ちになったことは大人になった今でも忘れることができません。

子供の運動会にて

幼稚園の頃には、身長が高くても低くても、あまり深く気にする親はそれほど多くありません。でも小学校の中学年ぐらいになると、私のように背が高くない親だと子どもの身長が気になってしまいますし、列のどのぐらいの位置にいるのか、どうしてもほかの子供と比べたくなってしまうのですよね。

でも私と夫の教育方針として、他の子供達と比べずに子供自身が持っている素質や個性を最大限に伸ばそうと決めているので、子供に対して「何番目に背が低いのか」なんて聞いたことは一度もありません。聞きたい気持ちはありますけれど、グッと我慢しているわけです。

子供が通う小学校では3年生の時に身長順に並んで入場行進をするのですが、その時に列の真ん中よりも後ろの方に並んでいる息子を見て、ホッと安堵したことは忘れることができない思い出です。子供が小さい時から、身長を伸ばすためにはたんぱく質やカルシウムなどの栄養バランスと、とにかくよく寝る事をモットーに育ててきたので、自分がしてきたことはそれなりに結果が出ているなととても嬉しかったですね。

まとめ

成長期には子供それぞれで個人差があるので、周りの子にどんどん抜かれていったからと言って自分が必ずしも背が伸びていないわけではありません。でも、嬉しい気持ちはしないわけで、私の場合、自分の子供にはできるだけ背が高くなってほしいという思いがあったので、小さなころからとにかく夜は寝すぎというほどよく寝かせるようにしましたし、栄養バランスもサプリメントを取り入れてバランスよく食べさせるようにしていました。そこにプラスしてカラダアルファを飲んでいました。

参考:【カラダアルファ】身長の効果は?管理栄養士に聞いてみた!

そのおかげで、子供自身は身長が低いという悩みは持っていないようです。

この投稿は2018年6月16日に公開されました。